About Us

安川

1998年、17歳の時に禅宗の老僧の書に感銘を受ける。いつかは自分も人に感動を与えられる書が書けるようになりたいと書道の練習を始める。

人に感動を与えられる書が書けるようになりたいという気持ちが年々強くなる。

2012年、32歳生涯書を研究すると決心し、命がけで単身中国西安へ書法修行に行く。西安交通大学で月曜日から金曜日まで中国人のクラスメート(何万人の中から選び抜かれた各学年12,3人、入学時点で書法の技法は高レベル)と共に午前8時から午後12時、午後1時30分から午後5時30分まで書法の授業に励む。授業後は宿題に3時間。宿題後は寝る直前まで自主練習。土曜日日曜日は起きてから寝る直前まで、宿題と自主練習。丸5年間毎日10時間以上書法修行に明け暮れる。2017年夏帰国。帰国後も毎日古典を臨書し研鑽に励む。

获奖历程 (部分)

2019.The 42nd International Watermedia Exhibition,My painting of mountains and county is invited.

2019年第42回国際水彩水墨展作品《山和郷村》入展

2018年日本第31回蘭亭書道展色紙作品《紅塵有你》入賞–鹿兒島放送賞

2018.The 41st International Watermedia Exhibition,My painting of cicada was invited.

2018年第41回国際水彩水墨展作品《鳴叫的蝉》入展

陕西省第四回書法篆刻臨作展作品《楷書大字阴符経》入展;

陕西省第四回書法篆刻自作詩文《大美陕西》入展;

上海市第三回行書展作品《孝経節選》入展,

上海市第四回草書展作品《論語節選》入展;

《桃花源记》草书作品发表于《书法》杂志2017年11月

《浅談南北方書法文化差異比較-以上海和西安為例》文章発表于早稲田大学期刊(2016年10月)ISSN:2423-9461